インターンシップは大学1~2年生から参加してもOK!そのメリットを解説

インターンシップは大学3年生あたりからいくものと思っていませんか?

実は、インターンシップには基本的に学年制限がありません。

インターンシップは、大学3~4年生に行うのが一般的ですが、最近では1~2年生からインターンに参加する方が増えています。

「そんなに早くいく必要ある?」

と思われる方もいるかと思いますので、今回は大学1~2年生がインターンシップに参加するメリットを3つご紹介します。

企業一覧はこちらから!
お申込みフォームからお申し込みください!

複数の企業のインターンに参加できる

大学3年生は就活で忙しくなります。

そのため、忙しくなる前にインターンに参加しておくと複数の企業のインターンに参加することができます。

特に、長期のインターンを考えている方は早めの行動を心がけましょう。

複数のインターンに参加することは、業界・企業研究にとても役立ちます。

1つだけに絞らず、スケジュールに余裕を持って複数参加するようにしましょう。

就活の準備を早めに進めることができる

上記でもお伝えしましたが、大学3年生は忙しい時期です。

インターンも就活の一環ではあるので、周りの人よりも早く就活準備をすすめることができます。

就活をするにあたり、事前にたくさんの情報を持っておくことはとても大切です。

早め早めの準備を心がけて、時間に余裕を持った就活をしましょう。

将来のことを早めに考えることができる

早めに就活の準備が進められるとその先のことを考えられるようになります。

実際に企業に出向き経験することは

  • 自分が何に向いているか
  • その企業で働くイメージを持てるかどうか
  • 業界の雰囲気を感じる

ことにつながります。

先のビジョンがなんとなくでも見えてきたら、そのビジョンに向かって効率的に進めていくことができるはずです。

ぜひ、先の不安をなくすためにも早めにインターンシップに行きましょう!

まとめ

今回は、大学1~2年生がインターンシップに参加するメリットを3つご紹介しました。

ぜひ、早めにインターンシップに行くことを検討してみてください!

日立地区産業支援センターでは、茨城県北地域企業と学生さんのインターンシップマッチング支援を行っています。

興味のある方はぜひお申し込みをお待ちしております!

企業一覧はこちらから!
お申込みフォームからお申し込みください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA