【参加推奨】1day就業体験に行く意味

こんにちは!HITSです!

夏季インターンシップの時期になりました。

そろそろ、どの企業のインターンに参加するか決まってきたことではないでしょうか。

企業によってインターンの日程はさまざまですよね。

中でも1dayの就業体験の場合は、

  • 理解できることが少ないのではないか
  • 行ってもあまり意味がなさそう

と、少しネガティブに考えてしまう人もいるかと思います。

でも、1dayは良い点がたくさん詰まった体験なんです!

そこで今回は、1day就業体験のススメについて解説します。

1day就業体験の内容

前提として、企業によって内容は異なります。

しかし、時間がかなり限られているため、実践的な内容というよりは

  • 会社説明
  • 質疑応答

などのプログラムが多いです。

中には、ワークのようなものを行うこともありますが、簡易的な内容になるでしょう。

\インターンシップ受け入れ企業はこちら!/

1day就業体験に行く意味

企業の方からお話を聴くことがメインとなる1day就業体験。

あまり行く意味がなさそうと思われるかもしれません。

しかし、1dayには良い点があり、いろいろな企業に行ってみることをおすすめします。

その理由は以下です。

  • 参加しやすい
  • 企業の方と直接コミュニケーションが取れる
  • 企業の雰囲気を肌で感じ取ることができる

1日で完結する就業体験のため、参加するハードルがとても低いです。

1日スケジュールを空けられればいけるので、複数の企業に行ってみると各企業の特色を知ることができます。

また、企業に実際に出向き社員の方と直接コミュニケーションを取りながら、会社の雰囲気を肌で感じ取ることも大きなメリットです。

\インターンシップ受け入れ企業はこちら!/

複数の企業の1dayに参加してみよう!

先ほどもお伝えしましたが、1dayは気軽にいけるからこそ、複数の企業の就業体験に参加してみてください。

たくさんの業界・企業研究を行うことで知見が広がります。

そして、1day就業体験に行った中で

「もっと知りたい」
「この企業でスキルを身に着けたい」
「この企業に就職したい」

と思われた方は、長期のインターンがあればぜひ申し込んでみましょう。

自分の熱意が企業に伝わるかもしれません。

さらに、いろいろな企業を1dayを通して知ることはとても効率的です。

空いている時間を利用してうまく企業研究を行いましょう。

\インターンシップ受け入れ企業はこちら!/

まとめ

今回は、1day就業体験について解説しました。

HITSでは、通年インターンシップのお申し込みを受けてけています。
※受け入れは企業による

ぜひ、複数の中小企業インターンに参加して、効率的な就活をしましょう!

\インターンシップ受け入れ企業はこちら!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA